読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【日記】神戸ITフェスに行ったこと。

ちょっと遅くなりましたが神戸ITフェスにいってきました。

落合氏の講演が目当てだったのでそれだけ聞いて速攻で帰ったのですが(4限もあったし)、惜しいことしたなと思います。
脳とかなぁ、聞きたかったな
 
僕自身の興味の向く先っていうのは大分揺れていて、来期には進路を決めなきゃ授業の計画が立てられないので今のうちによく考えとかなきゃいけないのですが、講演によってさらに揺れたというのが正直なところです。
 
人工知能やコンピュータグラフィックス、インタラクティブ技術、ロボット、システム計画、そのどれにも同じぐらい興味があるんですよね。
 
趣味として使うってだけのCGやVRは大学で勉強して先端に行きたいなーって気持ちはなかったんですが、落合先生はそういう分野の向かう先を提示してくれた、というとちょっと誤解が出てしまうかもしれませんが、超インタラクティブ、といいますか、コンピュータで作る自然・・・とにかく、なんて言えばいいのか分かりませんが、まだ先があるんです。
 
僕は現実がもう不便で仕方ないと思っていまして(だってコンピュータで出来ることが現実でできない)、でも現実そのものを変えるっていうのは、なんというかお手軽にはできません。
そこでVRで視覚や聴覚(触覚も?)をvirtualに書き出すことに強く惹かれていました。
 
でも落合先生はコンピュータを空間に溶かすことで現実をどうこうしようという人。
 
本当に刺激的でした。
僕が無理だと思ってたことに手段が提示されたんです。
 
進路どうしようかなぁ。
僕の大学で強いとこってどこだろう。
 
 
余談
僕というフィルターを通しての解釈なのでちょっと基調講演の内容がちゃんと理解できているのか微妙・・・
ちゃんとリアルタイムでの話を理解できる頭を作らないとなぁ
 
おまけ
 
セグウェイに乗ってウェイ(@ITフェスf:id:VirtualNoodle:20151110022621j:image