読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【UnrealEngine】UnrealEngine4で極めるゲーム開発を読み始めました。

UnrealEngine BookReview

 先週こんな本買ってきて読んでなかったので読み始めました。

2015年7月25日発売、かなり最近出た本ですね。

Unreal Engine 4で極めるゲーム開発:サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト

Unreal Engine 4で極めるゲーム開発:サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト

 

 一日2章~3章読んでれば2週間で読めますかね。

そんなのろのろ読んでていいのかって感じですが、しばらくは趣味の時間も取りづらそうなので仕方ありません。

 

UnrealEngineでやることの最終目標はOculus Riftを用いたVRゲーム開発。

VRについてはアイデアが浮かんでは消え浮かんでは消え・・・と、中途半端に終わってしまうんですよね。

というのも、基礎的な技術が全然足りなくて、モチベーションが持続しない。

 

モチベーションを保つためにはゴール設定と進捗が必要だってのはよく言われることですが、ゴール設定はともかく進捗を生み出すにはスキルが必要不可欠ですよね。 

 

基礎スキルが無いままに何かを作ろうとするというのはとても苦しいものです。

まず思った通りの出来栄えにはならないし、何より何が分からないのかが分からない。

僕もゲーム作りはじめた時は苦しんでました。

中学生の僕三角関数知らないんだもん。

 

音楽とか絵を作るときもこういう事ってありますよね。

この時基礎が出来てれば何かにつまづいたとしても解決策はサックリ思いつくわけで、精神的負担は軽く済むし、進捗も生むし、長続きもする。

やっぱり最初は多少つまらなくてもサボらず基礎をやるのが一番ですね。

まぁ中学生の僕はマゾで暇だったので何がわからないのか分からなくてもアホみたいに色々試してましたが・・・

 

さて、この本ですが、どうやらバンダイナムコスタジオのプロが現場で実際に使われているゲーム開発のプロセスを元に、UnrealEngineでそのプロセスを実現する方法を解説してくれているようです。

曰く、UnrealEngineの解説書であり、ゲーム開発の解説書ではない。

 

3DのVirtual Reality開発をやりたいけどイマイチ開発方法がわがんねえ!って叫んでる僕にはもしかしたらぴったりとも言えるかもしれません(3章/29章までしか読んでない)

モチベーション上げるためにも頑張ってUnrealEngineの使い方に習熟します。はい。